グループ展 “おとなになれないで”-See you in 2017-

グループ展 “おとなになれないで”-See you in 2017-
2017年3月19日(日)〜3月26日(日)at 高円寺FAITH(http://faith2016.com/)
15:00-26:00(平日)12:00-26:00(土)12:00-24:00(日祝)無休
大島智子
ぼく脳
youmei
Soogyong Kim
金子由里奈
星子
安田桃子
yamechina town
井上祐太
#おとなになれないで
*3月19日 (日)19:00からレセプションパーティーを開催いたします。

<FAITH>
住所:東京都高円寺南4-2-10 伊澤ビル
電話:03-5913-8279
http://faith2016.com/

コンセプト
おとなになれないで。おとな以上おとな未満。変われるあの子。変わってしまったあの子。
おとなにならなくていいよね?漂う自己情動。おとなにならないの?彷徨う実在的自己。
2016年12月開催された、youmeiの個展”おとなにならないで”を超訳しビッグ赤田ブロライズした様々なディメンションのおとなになれないグループ展です。

Freaky Common sence

【Freaky Common sence】
〜幻覚症状での常識〜

『珍秘裸 chinpira』✖️『生殺与奪 SEISATSU YODATSU』
あかいゆきによるBag brand『珍秘裸』の受注販売と刺繍作家チョモランマ池田による『生殺与奪』の刺繍、ペイント古着の即売会を高円寺(FAITH)、原宿(Dog)で開催。

「珍秘裸 chinpira」は2014年に文化服装学院バッグデザイン科在学中にあかいゆきが始めたBag brand。
身につけるバッグをコンセプトにこれまで、「着るバッグ」や「履くバッグ」などを製作してきた。
卒業後、在学中から製作インターンとして働いていたDog harajukuに就職しながら、個人でバッグを製作。
2017年初コレクションでも、バッグの「持つ」という概念を覆す身につけるバッグを発表する。

「生殺与奪 SEISATSU YODATSU」は2016年にQomolungma Ikedaが始めたブランド。
自らが施した刺繍の入った服を中心に展開。
主にvintageやusedの古着に刺している。
前身としてGEN IZAWAとコラボ。ラフォーレ原宿での展示会を経て現在のブランドにいたる。
ブランド名の由来は「(元々完成されている服を)生かすも殺すもこちら次第」という意味と暴走族の名前っぽいことから。

3月16〜18日 @FAITH 高円寺 13:00〜24:00
杉並区高円寺南4-2-10
デザイナー16.18日滞在

3月19〜21日 @Dog 原宿 12:00〜20:00
渋谷区神宮前3-23-3トリニティービルB1
19〜21日デザイナー滞在

「★&×ミー」Vol.3

3月14日(火)
高円寺FAITH

「★&×ミー」Vol.3

19:30オープン
20:00スタート
¥1500(1D別)

出演
古宮大志(僕のレテパシーズ)
岡沢じゅん
AZUMI

お知らせ

3月から営業時間が下記に変更になります。

営業時間
13:00〜24:00

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Your silence will not protect you.

『Your silence will not protect you.』
大澤悠大 + カナイフユキ

【展示期間】
3/4土~3/12日
【クロージングパーティー】
3/12日 19:00~ DJ:小田島等、加藤淳也(PARK GALLERY)

コミック作家であるカナイフユキのメッセージを、グラフィックデザイナーである大澤悠大 が
アート作品に落とし込むアートプロジェクト。ポスター/Tシャツ/小物 などを展示・販売します。 その他、本展示に合わせたそれぞれの個人作品も展示・販売します。

【展示のステートメント】
このプロジェクト「Your silence will not protect you」は、グラフィック・デザ イナー大澤悠大と、イラストレーター、コミック作家として活動するカナイフユキによるも のである。今回の展示では、以下の3つの標語を落とし込んだ作品を展開する。
「I am all of us.」(わたしは、独りではない。)
「Come out, come out, whoever you are.」(あなたは、あなたのままでいい。) 「Your silence will not protect you.」 (黙ってたら、得だと思うなよ。)

これらの標語は、主に70~80年代のフェミニズム運動や、セクシュアル・マイノリティの 権利獲得運動の中で使われてきたものであるが、今なお普遍性を失っていない。差別発言を 繰り返して注目された末にアメリカ大統領に就任したドナルド・トランプだけでなく、日本 を含む世界各国で差別的・排他的、あるいは反民主主義的な勢力が政界で力を強めている。 そんな今こそ広く・多くの人に向けて叫ばれなければならないメッセージでもある。
セクシュアル・マイノリティの当事者としての経験をベースに創作を続けるカナイと、反 戦・反差別の運動にグラフィック・デザイナーとしてコミットしてきた大澤は、これらのメ ッセージをアート作品に落とし込む目的で意気投合し、このプロジェクトを開始した。新自由主義の台頭する現代、私たちは簡単に世界の周縁に追いやられ、疎外される当事者になり 得る。そして、疎外された当事者たちは連帯する必要がある。鑑賞者がそれらを遠い他国の出来事ではなく、また他人事でもない、自分自身に起きている 出来事として捉えるためのスイッチを用意したつもりである。

YUSUKE NAGAOKA exhibition “SLEEPWALK”

YUSUKE NAGAOKA exhibition “SLEEPWALK”
2017/2/18土〜2/26日

新作ドローイングの展示。
アートブック「SleepWalk」、台湾で行われた同タイトルの展覧会の際にリリースしたミックステープ「MUSIC FOR SLEEPWALK」を販売します。

OPENING
2.18 土 18:00-
DJ
谷内栄樹
坂田律子

永岡裕介/yusuke NAGAOKA
大阪生まれ。
バンドのマーチャンダイズ、イベントフライヤー、小説雑誌の装画などを手掛ける。東京の他、近年はソウル、台北でも展示を行う。
現在は東京と台北を中心に活動。
http://www.yusukenagaoka.com/