青木光恵 デビュー35周年記念展『35』

2023年2月9日より、漫画家・青木光恵 デビュー35周年記念展『35』を開催いたします。
青木光恵は1988年の短大在学中に商業誌デビュー。キュートでグラマラスな女性キャラを自由闊達に描く女流作家の新星として登場しました。
当初より”女の子好き”を公言しており、女性が同性に”萌える”という価値観をいち早く発信し、後進の作家や漫画文化へ影響を及ぼしました。また、自身や周辺で起こった出来事を独自の視点で描くエッセイ漫画家としても人気を博しています。

本展では、新作原画やペインティング作品、シルクスクリーン作品の展示/販売に加え、各種グッズを販売します。過去の漫画原稿の展示も予定しております。
会期中には作家在廊イベントも開催予定。 各詳細はFAITHのSNSやHPをご確認ください。

 
青木光恵 デビュー35周年記念展『35』
2023年2月9日(木) – 2月26日(日)
営業時間 13:00-19:00
月曜定休/入場無料

*新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて
ご入場時の「アルコール消毒」「マスク着用」にご協力ください。

 
青木 光恵 Mitsue Aoki
1969年2月24日生まれ、兵庫県出身。漫画家。
1988年、写真誌『Pink House』(KIYO出版)から『中華』でデビュー。
以降、一般情報誌・女性誌・4コマ誌・青年誌などに作品を発表。
現在はコミティアなどにも活動の幅を広げている。
Twitter:@mitsueaoki
Instagram:@aoki_mitsue

亀井桃 個展『TILT』

 

2023年1月26日より、イラストレーター・亀井桃 個展『TILT』を開催いたします。
ファッションからアニメーションまで、 さまざまな文化の影響下でイラストレーションを制作する亀井桃による東京初個展となります。

本展ではドローイングや ペインティング作品の展示/販売に加え、地元である宮城の“遠刈田こけし”に絵付けをした作品や関連グッズを販売します。 作品、グッズは通販でも販売を予定。なお会期中の1/28(土)・1/29(日)には人数限定の似顔絵イベントを開催。 各詳細はFAITHのSNSやHPをご確認ください。

「すべてのものに表情がある。イラストレーションを通して日々そう感じています。これは私たち生物に限った話ではなく 古来のアーティストたちが描いてきた静物にも、その瞬間、その場所で輝いていた命をいきいきと感じ取ることができます。 同じように私の作品が、より自由な心で、少しでも前向きに日々を捉えるきっかけになれば幸いです。」亀井桃

 
亀井桃 個展『TILT』
2023年1月26日(木) – 2月5日(日)
営業時間 13:00-19:00 月曜定休/入場無料
※1/28(土)・29(日)13時より似顔絵イベント開催(予約不要)

*新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて
ご入場時の「アルコール消毒」「マスク着用」にご協力ください。

 
亀井 桃 Momo Kamei
イラストレーター/デザイナー。宮城県出身。
ポップでシュールな作風を持ち味に、飲食店や
アパレルショップ アーティストのロゴやグッズイラスト、
動画制作など幅広く活動中。

Instagram:@momomo_su_momomo
Twitter:@HyperMomomilk

やまだないと 個展『DOUBLE ニジュウニンゲン』

2022年12月8日より 漫画家・やまだないと 個展『DOUBLE ニジュウニンゲン』を開催いたします。新作ドローイング作品の展示/販売に加え、各種関連グッズを販売予定です。

 

「真夜中目をあけたら隣にボクが眠ってた ボクが二人になったのでいろいろアレになりました」やまだないと

 

やまだないと 個展『DOUBLE ニジュウニンゲン』
12/8(木)〜12/25(日)
13:00 – 19:00
月曜定休/入場無料

◎作品・グッズ通販はこちら
https://asagayavoid.stores.jp/

やまだないと Naito Yamada
佐賀県唐津市出身。漫画家。
1990年『週刊ヤングマガジン』誌上にて「キッス」で連載デビュー。
代表作に『東京座』『コーデュロイ』『西荻夫婦』などがある。
『フレンチ・ドレッシング』『ラマン』『王様とボク』は映画化された。

内山亜紀 個展『秋の亜紀祭 アンコール劇場』

2022年11月23日より、内山亜紀 個展『秋の亜紀祭 アンコール劇場』を開催いたします。

先月、好評のうちに終了した『高円寺・秋の亜紀祭』の続編となる本展では、初出しの原画作品の展示/販売や、各種グッズ販売に加え、2021年の『キチムシ・アトムズ』にて制作した『手塚治虫×内山亜紀 タロットカード』の原画、内山亜紀のピノコ練習画、その他解説などを特別展示いたします。

 

【その他販売作品】
・複製原画 4種(各5枚限定)
・抽選販売の原画(店頭にてエントリー、要スマホ)
・額装新作原画(*先着順の販売)

 

前回足を運べなかった皆様も、ぜひこの機会に内山亜紀ワールドをご堪能ください。
※作品・グッズは通販も予定しております。詳細はFAITHのSNSやHPにて発表します。

 
内山亜紀 個展『秋の亜紀祭 アンコール劇場』
2022年11月23日(水祝) – 12月4日(日)
営業時間 13:00-19:00
月曜定休/入場無料

 

*新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて
ご入場時の「アルコール消毒」「マスク着用」にご協力ください。

 
内山 亜紀 Aki Uchiyama
1952年巣鴨生まれ。 1977年「まんぱコミック」(清彗社)に本名・野口正之でデビュー。
「月刊OUT」「月刊PEKE」(みのり書房)などで短編発表後、 「漫画ハンター」(久保書店)を皮切りに、内山亜紀の名でエロ漫画家として活動開始。1980年代には「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)誌上で伝説のオムツ漫画 『あんどろトリオ』を連載。当時のロリコンブームの後押しもあり、美少女作家の第一人者となる。

うんこりん 個展『2022 フルボッコパンチ展』

2022年11月1日より、シルクスクリーン作家・うんこりん 個展『2022 フルボッコパンチ展』を開催いたします。
自由奔放なサンプリング/マッシュアップの手法で制作された『パンチ画』シリーズのシルクスクリーン作品をはじめ、ステッカーやアパレルなど各種グッズを販売予定。オリジナルのガチャガチャも登場します。

※作品・グッズは通販も予定しております。詳細はFAITHのSNSやHPをご確認ください。

また、会期中の11/3(木祝)・11/5(土)・11/9(水)には出張シルクスクリーンプリントのイベントを開催。今回は初の「油性プリント」で存在感のある仕上がりになります(※プリント色は日替わり)。Tシャツやスウェットなど、プリントを希望するボディをお持ちください。素材は綿100%限定です。

 

うんこりん 個展『2022 フルボッコパンチ展』
2022年11月1日(火) – 11月13日(日)
営業時間 13:00-19:00
月曜定休/入場無料
※11/3(木祝)・11/5(土)・11/9(水)はシルクプリントの出張イベントを開催

 
うんこりん Uncorin
1978年東京・下町育ち
既存のキャラクターをサンプリング/マッシュアップするPOPでPUNKでSTRONGな作風で活躍中。自身の制作スタジオ”降臨堂”では、シルクスクリーン作品やオリジナルアパレルなどを展開している。
Instagram:@zerofrienduncorin

荻 達魚 個展『狂想社会』

2022年10月20日より、作家・荻達魚 個展『狂想社会』を開催いたします。
アニメーターやキャラクターデザイナーとして数々の作品に参加し、平面作家としても日々ペインティング作品を制作している荻達魚の大型作品10数点を展示/販売。Tシャツやワッペンなどの関連グッズも販売します。

※作品・グッズは通販も予定しております。詳細はFAITHのSNSやHPをご確認ください。

 
荻 達魚 個展『狂想社会』
2022年10月20日(木) – 10月30日(日)
営業時間 13:00-19:00
月曜定休/入場無料

 
荻 達魚 Tashuro Ogi
1985年栃木県生まれ。京都育ち。
大学卒業後上京し、アニメ制作会社に6年間勤めた後に京都の呉服屋に勤めつつ
フリーランスのアニメーターとして活動。
その後、再度上京しアニメーター・平面作家として活動中。
阿佐ヶ谷にあるアートスタジオ『Artists Studio Hive』所属。

◾️アニメの主な参加作品
まどかマギカ新劇場版・終物語・ゴールデンカムイ・キャプテン翼ほか多数。

◾️その他
宮崎県主導の移住支援プログラムの、インタビュー動画内アニメーションの
キャラクターデザイン・絵コンテ・動画制作を担当。
Instagram:@tatsurou66