TYM344個展「HARD/SOFT」


この度、高円寺にありますFAITH「ナオナカムラ」では、TYM344個展「HARD/SOFT」を開催いたします。また、今展覧会会期中の7月15日には、中野にありますheavysick ZERO「ナオナカムラ」にて、一夜限りのTYM344個展「NEVER UNDERSTAND」を開催いたします。

TYM344(ティー・ワイ・エム・スリー・フォー・フォー)は、2010年に早稲田大学第一文学部総合人文学科美術史学専修を卒業。
これまでに個展「サブスタンス」(2015/新宿眼科画廊)をはじめ、多数の個展やグループ展に参加するほか、美術批評家の布施英利氏による書籍『わかりたい!現代アート』(知恵の森文庫)の画を担当するなど、多方面で活躍しています。
今展は、彼にとって5回目の個展であり、ナオナカムラでは初個展です。

私たちの生活に溢れる四角いディスプレイの中では、常にあらゆるイメージが動画化されています。そんな中、決定し動かないはずの絵画もまた、インターネットなどのメディアを通じて日々コピーが繰り返され、本来持つ鮮やかな色彩や微かな筆跡などあらゆる情報が変形していきブレが生じています。
今一度、現代における絵画の役割を見つめ直すとともに、予めメディア変換に耐性のある絵画を目指し「絵を描くことは、決定された画像をつくること」として、標識や山脈など不動物を手本に、美術史のパロディやオリジナルキャラクターをモノクロへ変換処理する二値化された非動画的な絵画“二値化絵画”を制作しています。

展覧会タイトル「HARD/SOFT」は、コンピューターに関する用語のハードウェアとソフトウェアに由来し、コンピューターそのものの実体を意味するハードウェアに対し、ソフトウェアはその内部に存在する目には見えない非実体を指します。それらの用語は家庭用ゲーム機やビジネスの場において本来とは異なった意味を成し多様なレベルで使われてきました。
今展覧会では、絵画において馴染みの浅い「HARD/SOFT」という言葉から、それらが持つ対立構造を応用していくつかのレベルで絵画の実体と非実体に一歩踏み込んで探っていきます。

「HARD/SOFT」は会場が店舗であり、「NEVER UNDERSTAND」は会場がクラブであるそれぞれの空間特性を活かした展示構成にチャレンジします。
TYM344の代名詞ともいえる“二値化絵画”に加えて、近年彼が取り組んでいる、メロディや和声を持たない構成のみでつくられる音楽 “構成音楽”を多数発表予定です。

TYM344による2つの個展「HARD/SOFT」と、「NEVER UNDERSTAND」をこの機会にどうぞご覧ください。

Rhucle Art Exhibition 「Raw」

Rhucle Art Exhibition 「Raw」

2017.9.5(tue)〜2017.9.10(sun)
会場:FAITH
開廊:13:00〜24:00(9/10のみ13:00〜21:00まで)

– Raw Special Live Show –

開催日:9/9(sat)
会場:FAITH
時間:19:00〜21:00
入場料:1,500円
出演:Rhucle / Chihei Hatakeyama

※チケットの事前予約を承ります。ご希望の方はrhucle@gmail.comまでご連絡ください。

Rhucleによる初めてのアート作品の個展です。2016年の秋から現在までに制作したアート作品の中から、ペインティング・ドローイング作品を中心に、コラージュ作品も展示いたします。
展示に併せて、新作音楽アルバムを会場内で販売いたします。
また、9/9(土)にはゲストにChihei Hatakeyamaを迎えて、スペシャルライブを会場内で行います。

Rhucle(ルク)
Rhucleは日本のアーティスト。2013年より東京にて活動開始。
これまでに数多くの音楽作品をリリースしている。2017年5月からは毎月1枚音楽アルバムをリリースする「Monthly Tape Project」や、自身のプライベートレーベル兼オンラインスペース「Night Coast」を立ち上げるなど、精力的に活動している。また、2015年・2016年にはニューヨークにて音楽ライブを成功させている。
現在は主に、音楽・絵画・写真・コラージュ作品、木の枝を使ったミニチュアアートなどを制作している。

Rhucle Official Web Site: http://rhucle.com
Conatct: rhucle@gmail.com

Ezaki Toshiaki 1st Exhibition 『ホリオの乱』

Ezaki Toshiaki 1st Exhibition
ホリオの乱

「こころがなくてほんちうによかった。」
白痴のプシケのみが堂々と
芸術の深部にたどりつけるというのか。

恵崎利昭処女個展
「ホリオの乱」
2017年6月20日(火) – 6月27日(火)
会場 / FAITH
開廊 / 13:00 – 24:00

*20日(20:00 – )にレセプションパーティーを開催いたします。
*24日(18:00 – 23:00)にエキシビションスペシャルライブを開催いたします。

EXHIBITION SPECIAL LIVE
「ホリオの乱交」
開催日 / 6月24日(土)
入場料 / 1,500yen(1drink付き)
時間 / 18:00 – 23:00
出演 / 松本素生(GOING UNDER GROUND) 高円寺WALKAH  mamolympics(UCD たかぽう 2CM レイパー) MC蟹仮面 箕浦建太郎 and SPECIAL SECRET GUEST!!!

恵崎利昭(えざきとしあき)
高円寺生まれ高円寺育ちのヒップホップアーティスト・画家・詩人・料理人。1985年頃からアート活動を開始。2016年8月に高円寺FAITHで開催された” EX4 ” Group Exhibition に参加。2017年6月に過去から現在に至るほぼ全ての作品をアーカイブした初めての個展を高円寺FAITHにて開催。

FAITH
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-2-10伊澤ビルB1F
tel 03-5913-8279

水野 信智 個展 「 DO-MINOS 」

水野 信智 個展 「 DO-MINOS(どーみのす) 」
2017.6.10(sat)~6.18(sun)
OPENING RECEPTION 2017.6.10(sat) 18:00-21:00

13:00-24:00
最終日18日21:00まで

2016年12月から現在までの新作ペインティング、ドローイングをはじめ、過去作品も展示いたします。
https://nobutomomizuno.tumblr.com/

小田島等『1987/2017』展

2017年5月20日(土)ー6月4日(日)の期間中、デザイナー小田島等が、中〜高校生時代と近年に制作したドゥローイングやコラージュを、阿佐ヶ谷voidと高円寺FAITHの2会場にて展示いたします。

展覧会に併せ、それらをまとめた画集『1987/2017』を刊行し、両会場にて販売します。 是非ご高覧ください。

画集『1987/2017』 小田島等 5/28発売
B5変型・フルカラー248ページ
解説:夏目知幸(シャムキャッツ)、鈴木寛和

小田島等
1972年東京生まれ。桑沢デザイン研究所卒業。95年よりCD・広告・書籍装丁のアートディレクションを手がける。同時に漫画家、イラストレーターとして活動。
デザイン作品集に『ANONYMOUS POP』(P-Vine BOOKS)がある。

小田島等『1987/2017』展
2017年5月20日(土)ー6月4日(日)

void (月・火休み)
杉並区阿佐谷北1-28-8 芙蓉コーポ102
TEL 03-5364-9758 / OPEN 12:00ー21:00
www.void2014.jp

FAITH (無休)
杉並区高円寺南4-2-10 伊澤ビル
TEL 03-5913-8279 / OPEN 13:00ー24:00
www.faith2016.com

写真展 「街の灯」

写真展 「街の灯」
品子、灯
5/12-16 13:00-24:00
5/17 13:00-19:00

2015~2016年の約1年間を通して「月刊・街の灯」を創刊。2016年夏に、1年間をまとめた写真集「街の灯」を販売。今回の展示では冊子にまとめた写真をメインに、写真集には載せきれなかった写真も含めて展示いたします。

日記を綴るように写真を収めました。