綱田康平 個展 「のびてつなぐ」

綱田康平 個展 「のびてつなぐ」

ステートメント
私は北九州という街に生まれた。近代工業都市として発展し、今日その歴史的役割を終えた街。私はかつてその土地に息づいていた豊かな文化の数々があまりにも唐突に破壊され、棄て去られる様を日常の中で嫌という程見てきた。
北九州に限らず私の愛する文化や芸術の多くは、現在あまりにも無防備な状況で消え去る運命と対峙していたり、既に消え去ったりしている。一体この10年でどれだけのものを失い、またこれからの10年でどれだけのものを失ってしまうのだろうか。
ーそのようなことを考えながら、何とかしたいとこれまで絵を描いてきた。
誰からも忘れ去られても、形を失っても自分の中に生きているものがある。その言葉に誠実に耳を傾け、手を動かした時、前時代のものであるが故の儚いノスタルジアではない「現在進行形の文化」として、それらが再び現出するような気がした。
もっともっと形にしなければならない。私が心の底から尊敬し、愛するもののために。そして未来の誰かの心にその精神が受け継がれ、何かを作る衝動になることを願って。

展示について

今回は上記のようなことを考えながら制作した新作のペインティングの他ライフワークであるドローイングなど、ここ数年のトライアルを放出します。土日は終日、平日もできるだけ夜7時以降在廊する予定です。色々な人とお話できたらと思います。ライブドローイングなども行う予定です。

トーク&レセプション

会期中の10月7日(土)17時より、デザイナーの小田島等氏、ウッドワン美術館学芸員の高村佳子氏(予定)をお呼びしてトークを行います。主に昭和初期、日本の法の外で為された美術教育と、そこで生まれた作品についてお話します。丁寧に見れば見るほどに様々な様相が見える近代日本美術の魅力に迫れたらと思います。
トークの後はそのままレセプションパーティになります。お酒もご用意しておりますので奮ってご参加ください。
※1 トークから参加の方は参加費500円を頂きます。
※2 トークは50分程度を予定しております。

綱田康平 経歴

1988年 福岡県北九州市生まれ
2011年 広島大学教育学部 卒業
2013年 京都市立芸術大学修士課程 修了
現在 東京で作家活動を行う。

Web http://tsunada.blog.fc2.com
twitter @__tuna