全国6会場で同時に同じ作品を飾る

6_web

「全国6会場で同時に同じ作品を飾る」
2016年10月17日(月)ー2016年11月5日(土)

開場:
(東京)高円寺FAITH、路地と人
(名古屋)LIVERARY OFFICE
(京都)prinz
(大阪)The 光、ninho
※開場時間、休場日は各会場によって異なります

参加作家:小田島等、倉科直弘、佐貫絢郁、鈴木寛和、山之内葵
入場料:無料
お問い合わせ:sanukiyamanouchi@gmail.com(山之内、佐貫まで)

・会期中には参加作家5名によるトークイベント、パフォーマンスなどを開催予定。

【展覧会について】

「エディション」とは何か?ーーー
私たちはこの共通の課題を模索するために表現の垣根を越えてここに集いました。
本展は、5人の表現者がそれぞれ異なるアプローチで複数制作した「同じ」(エディション)作品を「同時」に全国6会場(東京・名古屋・京都・大阪)で「飾る」ものです。それを通じて、美術作品はただ一人の作者の身体・思考と直結するという近代のオリジナリティ神話や原画一点主義、それにまつわる作品の尊厳性について問いを投げかけてみたい

【作家プロフィール】

・小田島等 Odazima hitoshi
1972年東京都生まれ。桑沢デザイン研究所卒業。 95年よりCD、広告物、書籍装丁のアートディレクションを多数手がける。
同時にイラストレーターとして活動。近年は展示活動も精力的に行う。
近著にデザイン&イラストのアーカイブ作品集『ANONYMOUS POP』(P-vine books)がある

・倉科直弘 Kurashina naohiro
1981年長野県生まれ。 写真家
大阪を拠点に昭和色濃く残る街や競馬場の人々を写すかたわら、看板や街の〈シミ〉を複写している。
2014年 アートエリアb1 サーチプロジェクト出展。
2015年 OURS MAGAZINE 連載。

・佐貫絢郁 Sanuki ayaka
1993年 静岡県生まれ。京都造形芸術大学大学院在籍。
ドローイング、gif、日本画、オブジェなど特定の手法に依らず制作。
近年の展示に、「第14回 グラフィック1_WALL」(ガーディアンガーデン・東京、2016年)。

・鈴木寛和 Suzuki hirokazu
1991年愛知県生まれ。
大阪大学文学研究科に在籍。
美術によって媒介される人間の集団に関心を持ち、現在は制作者集団「極」を中心に戦後関西の芸術動向について研究している。コーディネーターとして参加した展覧会に「home/format」(すみれ荘・大阪、2015年)がある。

・山之内葵 Yamanouchi aoi
1993年 岡山県生まれ。京都嵯峨芸術大学版画分野卒業。
既存のイメージを用いた作品とその他グッズを制作。主なグループ展「Thinking print vol.4 コラージュと版画、そして写真」、「スーパーライト/ハイパー紙」、「oneroom2015」