filmout 個展『不時着するキマイラ』

映像作家でコラージュアーティストのfilmoutによる個展『不時着するキマイラ』
コラージュによる平面作品と映像作品を展示致します。

< statement >
私たちが見ているものは常に物事の全てではなく一側面であるため、現実でも作り話であるかのような不条理な出来事が唐突に起きる。
見えているようで見ていない、それに起因する誤解。
波風のように立つ噂が思わぬ展開をして本人に流れ着き驚く事があるように、人は自分の経験と情報の範囲内で物事を繋げて判断する。
都会ではそれほど珍しいことではないかもしれないが、私が育った場所ではその人口密度の低さや自然の厳しさから、
思わず笑ってしまうような、また極度の不安を覚えるような不条理で不思議な光景が際立って見えた。
後にそれがシュルレアリスムの考え方の一種であることを知る。

そんな脈絡のない断片性の展開にコラージュをメインとした技法が最適と考え、
作品では画面全体から不穏な空気を想起させ、
切り貼りの粗さ、触覚的な生々しさにより、動的な流れが生まれるよう配慮している。
主に素材そのものを使うのも、それ自体に時間的な要素を含んでいるのが理由である。

_____

filmout 個展
『不時着するキマイラ』

会期:2018年10月11日(木) – 10月23日(火)
時間:15:00-21:00
*10月17日(水)休廊

_____

profile:
filmout / 五反田和樹
映像作家・コラージュアーティスト
http://filmout.jp/

1981年、広島県北広島町(旧千代田町)生まれ
2002年、大阪学院大学外国語学部ドイツ語学科を卒業し広島に帰省
2007年頃から主に広島でクラブイベントや展覧会を開催
2009年、フリーランスとして独立
2018年8月、東京に拠点を移す

冬には豪雪地帯となるような自然広がる広島の田舎から、
大阪に引っ越した際に見たヴィム・ヴェンダース監督の『都会のアリス』に衝撃を受け、
以降単館系映画に頻繁に触れるようになる。
並行してシュルレアリスムやドイツ表現主義に影響を受ける。
コラージュ作品では時間と空間の概念と物語性を加え、
映像的な想像力を喚起させるような制作を続けている。

本業の映像制作では企画、撮影、編集まで一通りこなすが得意なパートは編集。
デザイン、印刷の分野ではコラージュ素材を使用したアートワークや、
油性のシルクスクリーン印刷を施した制作などが得意。

2012
個展「ひとでなしの夜明け」@ヲルガン座廃墟ギャラリー(広島)

2013
ポストカードアート展「scopophilia」@4bid gallery(イギリス、レスター)

2014
個展「Scene Screen Script」@NSA(広島)

2015
個展「総天然色」@本と自由(広島)

2016
個展「WARP」@HOPKEN(大阪)
グループ展「Virgin Babylon Art Works Exhibition」@Quiet Noise(東京)

2017
個展「SHIFUZOU 畑にあるテレビに二階建ての動物が繋がれている」@本と自由(広島)

2018
グループ展「Summer Group Show 2018」@THE blank GALLERY(東京)

KANEKO MARIA Solo Exhibition「Between」

KANEKO MARIA Solo Exhibition「Between」

今秋、FAITHではキャンバス作品を中心とした兼子まりあ初個展を開催します。

私たちは日々の力強さに圧倒され、抱えきれないエネルギーを内包しながら言葉にできない感情を持っています。
“ほとばしる”赤い情熱が、肌色や青の中に混在すること。
筆から溢れる彼女の言葉を地下一階から発信します。

_______

丸を三つ横に並べてみて、一番左の丸が「生まれる」1番右の丸が「死ぬ」その2つの「間 Between」の丸は「生きる」
そういう漠然としたイメージでつけた今回のタイトル。
生きていることの不思議と湧き上がるエネルギーを何かに落とし込みたいと思い絵を描き始めました。
見ていただいた方の内側に少しピリピリっとした刺激を感じていただければ嬉しいです。
ぜひお越しください。

           ー 兼子まりあ
_______

会期:2018年10月1日(月) – 2018年10月7日(日)
時間:平日16:00-22:00 / 土日15:00-21:00
休廊:水曜日(*10/3)

< FAITH >
166-0003
東京都杉並区高円寺南4-2-10
03-5913-8279

Long after youth vol.2 “EVER GREEN”

long after youth vol.2
“EVER GREEN”

day:
2018.9.24(mon) – 9.30(sun)

time:
9.24(mon) 17:00-21:00
9.25(tue) – 9.28(fri) 15:00-21:00
ー*9.26(wed)closed ー
9.29(sat) 13:00-21:00
9.30(sun) 13:00-19:00

FAITH
03-5913-8279

なかしまなぎさ×エハラマサミ 二人展 「ハートフル」

2018年9月17日(月)~23日(日)

なかしまなぎさ×エハラマサミ
二人展

「ハートフル」

場所:FAITH
東京都杉並区高円寺南4-2-10 伊澤ビル

日時:2018年9月17日(月)~23日(日)
■17日 15時半~22時
■平日 16時~22時 
■土日 14時~22時
■23日 14時~18時 オープンとなります。※19日(水)定休日

なかしまなぎさ/エハラマサミ

二人は新潟県出身の作家。
今回の展示「ハートフル」は二回目となります。一回目は新潟県内で開催され、東京で初の二人展となる。
是非ともお越しください。

死後くん個展「墓と炊飯器」

死後くん個展「墓と炊飯器」
会期:2018年9月6日(木) – 2018年9月16日(日)
水曜休廊(9月12日)
時間:平日 16:00-22:00 土日・祝 13:00-20:00
会場:FAITH 高円寺
入場無料

在廊イベント
9月8日(土) – 松倉如子 ミニライブ 17:00- (1ドリンク制/お子様は無料)
9月9日(日) – 死後くんの「あなたのお墓デザインします」(¥1000/1名様)
・その他、会期中に境みなとの「背後霊似顔絵」が気まぐれに出没予定。

<展示内容>
イラストレーター死後くんによるドローイングを中心とした新作個展。タイトル通り、墓と炊飯器をテーマにした絵もありますが、それ以外の絵もあります。絵が売れない時のためにグッズ、ZINEなどの販売もあります。しゃもじ片手にお越しくだしゃれこうべ〜 #HAKASUI

<プロフィール>
死後くん
イラストレーター。雑誌POPEYE連載マンガ『ジョン&ポール』、NHK『おやすみ日本』眠いい昔話イラスト、河出書房新社「ごきげん文藝シリーズ」装画他、様々な媒体で活動。
玄光社よりマンガ『I My モコちゃん』出版。

玲・シンケーヴィッチ-小林 “Devochka Made in Moscow”

玲・シンケーヴィッチ-小林 “Devochka Made in Moscow”
会期:2018年8月23日-8月28日
時間:15:00-24:00

プロフィール

 2001年4月2日、モスクワ州クラスノゴルスク市生まれ。
 ロシア人の父と日本人の母の間に生まれた。父は美術教師、母は版画家という環境で育ったため、幼少の頃からアートに触れる機会が多かった。9歳から15歳までクラスノゴルスク市少年美術学校に通い、デッザン、絵画、デザインの基礎を学んだ。小さい頃からアニメを観ていたが、小学校高学年くらいからロシアでアニメが人気になり、インターネットでたくさんアニメを観たり、漫画を読んだりしている。
 今はモスクワの学校に通うフツーの高校生。9月から11年生(高2)に進学し、1年後に大学受験を控えているが、デザイン関係に進みたいため、受験勉強のかたわらスケッチブックに作品を描きためたり、美術学校時代の友達とプロジェクトをやったりしながら暮らしている17歳のDevochka(ジェーヴォチカ=少女)。

“Devochka Made in Moscow”について:(以下作家コメント)
 君は自分の街を懐かしく思ったことがある? 一つの場所に長く住んでいると、初めはハッとしたものでも日常になっていくよね。でも、そうしているうちにウザいと思ってるものでも、愛しくなっていくこともあるでしょ? 学校の制服、帰り道のバス停、お店のおばさん、子供の頃から食べ飽きたお菓子…。私が街を歩いていると、いろんな変なものに目をひかれる。そして、なぜかそういうものが一番心にしみる。君もそういうことがある?